レポート

幻の「ハマガニ」 出雲に現る!! ゴビウスで展示

タイトル

近年ほとんど見かけることがなくなった幻のカニ「ハマガニ」が出雲市でみつかり、県内の汽水・淡水域に生息する生き物を紹介する「宍道湖自然館ゴビウス」(出雲市)で展示公開されています。
ハマガニは、10月下旬に出雲市内の川で生きたまま見つかりました。うす紫にオレンジの縁が入った特徴的なハサミを持ち、甲羅の幅は5センチ、足を合わせると約10センチの大きさです。
主に西日本の河口付近に生息し、かつては県内でも松江市の川などで見られたといいます。しかし川の護岸工事が進み巣穴を作ることが出来なくなったことなどから、今では目撃情報がほとんどなくなり、島根県の絶滅危惧種にも指定されています。
宍道湖自然館ゴビウスでは「幻のカニを通じて、自然環境の大切さを感じてもらいたい」としています。

宍道湖自然館ゴビウスHP(ハマガニの情報) http://www.gobius.jp/t_exhibit.html

※展示は生物の都合により終了する場合があります。ご了承ください。

関連リンク

  1. 海岸ゴミ松江市02
  2. kIMG_0428bB
  3. 水しぶき01GIMP
  4. kani01
  5. 集合写真
  6. 集合

Pickup

  1. #25鳴き砂2
  2. 海岸ゴミ松江市02
    松江市も連携 海洋ごみ対策「CHANGE FOR TH…

    海洋ごみ対策に取り組む新プロジェクトが、11月27日に東京の日本財団で発表されました。 世界的な問題…

  3. トップ写真
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「”恋する灯台” 日御碕灯台…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. kIMG_0428bB
    「隠岐松葉ガニ」特別な漁法で獲られたブランドガニ

    山陰の冬の味覚の王者 松葉ガニ!今まさにカニのトップシーズンです。なかでも「隠岐松葉ガニ」は、プラン…

  5. 水しぶき01GIMP
    国譲り神話に由来する美保関の「諸手船神事」

    古事記に伝わる国譲り神話にちなんだ伝統の「諸手船(もろたぶね)神事」が、12月3日に松江市美保関町の…

PAGE TOP