レポート

幻の「ハマガニ」 出雲に現る!! ゴビウスで展示

タイトル

近年ほとんど見かけることがなくなった幻のカニ「ハマガニ」が出雲市でみつかり、県内の汽水・淡水域に生息する生き物を紹介する「宍道湖自然館ゴビウス」(出雲市)で展示公開されています。
ハマガニは、10月下旬に出雲市内の川で生きたまま見つかりました。うす紫にオレンジの縁が入った特徴的なハサミを持ち、甲羅の幅は5センチ、足を合わせると約10センチの大きさです。
主に西日本の河口付近に生息し、かつては県内でも松江市の川などで見られたといいます。しかし川の護岸工事が進み巣穴を作ることが出来なくなったことなどから、今では目撃情報がほとんどなくなり、島根県の絶滅危惧種にも指定されています。
宍道湖自然館ゴビウスでは「幻のカニを通じて、自然環境の大切さを感じてもらいたい」としています。

宍道湖自然館ゴビウスHP(ハマガニの情報) http://www.gobius.jp/t_exhibit.html

※展示は生物の都合により終了する場合があります。ご了承ください。

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. 海岸ゴミ松江市02

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP