レポート

にぎわいを再び!“海弁”に思いを込めて

Still0531_00002

地元で養殖されたサーモンに、朝どれのイカやサバ、バラエティ豊かなちらし寿司です。
松江市美保関町の老舗旅館、福間館では、地元の海の幸満載のお弁当の販売を始めました。

漁業や飲食業に深刻な影響を与えている新型コロナウイス。宿泊客が激減している旅館でも、生き残りをかけて状況打開を模索しています。
そこで福間館の専務、福間治さんと、妻で若女将の亜樹江さんが考案したのが、美保関の豊かな海の幸をPRする、駅弁ならぬ“海弁”です。

Still0531_00003 Still0531_00014
江戸時代に創業した福間館は、美保神社への参拝客などの宿としてにぎわい、近年は空き家をリフォームした宿泊施設が外国人客からも人気です。しかし新型コロナの影響で4月の予約はすべてキャンセルに。現在は週末に少し予約が入るのみです。
「街のために、ファンのために、生き残らんといけんですね」と話す治さん。

1日平均50個の注文が入り、近隣への配達も行います。利益は出ていませんが、お客さんの喜ぶ顔が原動力と語ります。
6月からは海弁の種類を増やし、亜樹江さんの故郷である三陸産のホタテやワカメ、そして山陰のベニズワイガニやサーモンなどを一つの弁当に入れました。みんなで苦難を乗り越えたいという思いです。

Still0531_00020 Still0531_00015
また美保神社を描いた掛け紙の海弁も販売します。「弁当おいしかったな、落ち着いたら美保神社に参拝しよう」と思ってもらいたい。再び訪れるにぎわいを願って思いを込めます。
海弁は前日までに要予約。美保関町内は3個以上で、松江市内は10個以上で配達も可能ということです。

  • 「にぎわいを再び!“海弁”に思いを込めて」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/article/?p=2336" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 竹下さん紹介youtube
  2. IMG_4616
  3. 外観03
  4. 竹下さん紹介写真①02
  5. 赤シャツ
  6. Still0622_00004

Pickup

  1. トップイメージ
  2. #14海の美しさと怖さps
    8/16(日)放送 海と日本プロジェクトinしまね「海の…

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日…

  3. 682D3DF0-64F2-4C94-B7AF-DF4C7A81870D
    〝水の都〟の夏がやってきます!

    いつもと違う、今年の夏。〝夏〟が不足していませんか?そんなあなたに・・・・。島根県松江市で毎年開催さ…

  4. #13北浦海水浴場美化活動(確認用).mp4.00_00_58_11.静止画006
    YouTube海と日本プロジェクトinしまね「北浦海水浴…

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日…

  5. 竹下さん紹介youtube
    夏休みに作ってみよう!バルーンで海の生き物

    今年の夏休みは、おうち時間を楽しんじゃおう!バルーンを使って、海の生きもの作りに挑戦してみませんか?…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in しまね
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP