レポート

水槽から見つめる未来の海プロジェクトPart2 ~海ごみ調査~

IMG_2537c

オンラインと実体験を融合させ、自分たちの生活が海の環境に与える影響を学ぶ「水槽から見つめる未来の海プロジェクト」のワークショップ2日目が開催されました。
今回は、海岸ごみの調査から、海の環境と自分たちの生活のかかわりを学びます。

IMG_2418B IMG_2412B
前回のワークショップから約1か月経過しました。子どもたちは、島根の海を再現した水槽をオンラインで見守りながら、環境に関わる日々の行動をアプリに入力しています。
水槽とアプリは連動していて、環境にやさしい行動を入力すると水槽の環境維持につながり、環境に悪影響を及ぼす行動を入力すると、水槽の環境維持が難しくなる仕組みです。
子どもたちは、風呂水の節約や冷蔵庫の開け閉めの工夫など行動を発表。環境にやさしい行動を起こしたことにより、1ヶ月間で水槽の生き物は成長し、水槽の環境も良好に保たれています。

国内ごみ、外国ごみ、どっちが多い?
IMG_2479B IMG_2508B
子どもたちは、海の環境と自分たちの生活のかかわりをさらに学ぶため、松江市の海岸で海ごみを調査。
拾ったごみの発生場所を、日本と日本海側3か国に分けてみました。
すると、約半分が国内ごみという結果に!
さらに、身近な生活ごみ、ペットボトル、漁具の3種類に分別してみると、生活から出たごみが一番多いという結果になりました。これらの多くは川から流れ出ているということです。
多くの川があり豊かな水に恵まれている日本。しかし人間の行動により、たくさんのごみが川を下って海に流れ込んでいるのです。

マイクロプラチックを回収しよう!
IMG_2525B IMG_2531B
海岸の砂をトレーに入れて、その中の小さなプラスチックを取り除いてみました。
一生懸命目を凝らして、プラスチックを取り除いた砂。しかしその砂を水に入れてみると、マイクロプラスチックが、たくさん浮かび上がりました。
子どもたちは、自分たちの生活から発生したと思われるプラスチックが、海にあふれていることを実感したようです。

IMG_2543B IMG_2426B77
現代の生活からプラスチックをなくすことは不可能ですが、必ずしもプラスチックでなくてもよい物はあるはずです。
日常生活でよく目にするティーバッグ、箸、マドラー、これらは本体や包装にプラスチックが使われていますが、用途に合わせて天然素材とプラスチックを選ぶことができます。このような身近にあるものから考えて選んでいくことは、プラスチックの削減につながるのではないでしょうか。
今回の学びから、子どもたちの日々の行動はどう変化していくのか?オンラインと実体験を融合させた学びは、まだまだ続きます。

  • 「水槽から見つめる未来の海プロジェクトPart2 ~海ごみ調査~」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/article/?p=2849" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. しゅうごう02
  2. 街美化ウォーク&大社高校
  3. 201120s_028
  4. 体験②-2C
  5. イメージ
  6. S字フックとご主人隠してる02

Pickup

  1. 到着式YouTubeサムネ
    YouTube海と日本プロジェクトinしまね「熱源キャラ…

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日…

  2. しゅうごう02
    水槽から見つめる未来の海プロジェクトPart3 ~私の…

    オンラインと実体験を融合させ、約2か月間にわたり自分たちの生活が海の環境に与える影響を学ぶ「水槽から…

  3. 街美化ウォーク&大社高校
    ごみ拾い活動inしまね さわやかな秋に活動

    すっきりとした空気に心地よい風、過ごしやすい季節です。島根県内では、ごみ拾い活動が積極的に行われてい…

  4. #28水槽から見つめる未来の海02Youtube
    YouTube海と日本プロジェクトinしまね「水槽から見…

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日…

  5. 201120s_028
    熱源キャラバン出雲に到着 そして新たなるスタート! 

    約2ヵ月間にわたり、全国の海の魅力や課題に触れ、発信を続けた”海の繋ぎ手”が、キャラバンのゴールであ…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in しまね
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP