レポート

黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

大笑い

正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物客も巻き込んで顔に墨を付け合うユニークな神事「墨付けとんど」が、1月6日に営まれました。

  1. 墨付け役の女性たち
  2. 神輿を担ぐ男性
  3. ご夫婦にも

「墨付けとんど」は魔除けのおまじないだという「墨付け」が特徴で、無病息災や大漁を祈願する新年の神事として、250年以上続いています。

地区の氏神様である方結神社に集まった墨付け役の女性たちが、粉末にした炭を御神酒で溶いた後、男性たちが担ぐ神輿が神社から繰り出し「チョーサダ―、チョーサダ―」と独特の掛け声を響かせて地区を練り歩くと、それに続く墨付け役の女性たちが住民や見物客などの顔に墨を塗って回りました。
墨を付けられると1年間は風邪をひかず、海難にも遭わないと伝えられ、墨は多く付くほど御利益があるとされます。

  1. 気勢を上げて練り歩く
  2. クライマックスは海でお清め
  3. 慶事のあった家の男性は海へ

神輿が、とんど飾りの周囲を回ると神事はクライマックスへ。神輿は担ぎ手ごと海へ入り身を清めると、習わしに沿って、結婚や新築など祝い事のあった家の男性を海に投げ込んで祝福。普段は静かな港町が、にぎやかな声に包まれました。

以前は1月7日に行われていた神事ですが、担い手不足の心配などから現在は1月6日以降の最初の日曜日に営まれています。神事に合わせて毎年、兵庫県から帰省しているという男性は「伝統ある神事を守り伝えていきたい」とふるさとへの思いを話していました。

関連リンク

  1. タイトル
  2. 矢野さん01
  3. 授業00007
  4. 赤貝03
  5. 海岸ゴミ松江市02
  6. kIMG_0428bB

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP