レポート

黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

大笑い

正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物客も巻き込んで顔に墨を付け合うユニークな神事「墨付けとんど」が、1月6日に営まれました。

  1. 墨付け役の女性たち
  2. 神輿を担ぐ男性
  3. ご夫婦にも

「墨付けとんど」は魔除けのおまじないだという「墨付け」が特徴で、無病息災や大漁を祈願する新年の神事として、250年以上続いています。

地区の氏神様である方結神社に集まった墨付け役の女性たちが、粉末にした炭を御神酒で溶いた後、男性たちが担ぐ神輿が神社から繰り出し「チョーサダ―、チョーサダ―」と独特の掛け声を響かせて地区を練り歩くと、それに続く墨付け役の女性たちが住民や見物客などの顔に墨を塗って回りました。
墨を付けられると1年間は風邪をひかず、海難にも遭わないと伝えられ、墨は多く付くほど御利益があるとされます。

  1. 気勢を上げて練り歩く
  2. クライマックスは海でお清め
  3. 慶事のあった家の男性は海へ

神輿が、とんど飾りの周囲を回ると神事はクライマックスへ。神輿は担ぎ手ごと海へ入り身を清めると、習わしに沿って、結婚や新築など祝い事のあった家の男性を海に投げ込んで祝福。普段は静かな港町が、にぎやかな声に包まれました。

以前は1月7日に行われていた神事ですが、担い手不足の心配などから現在は1月6日以降の最初の日曜日に営まれています。神事に合わせて毎年、兵庫県から帰省しているという男性は「伝統ある神事を守り伝えていきたい」とふるさとへの思いを話していました。

関連リンク

  1. 桜と海01_0026
  2. タイトルIMG
  3. ef竹設営_0998
  4. 隠岐が好き
  5. プレート全種
  6. 桑原さん01

Pickup

  1. タイトル01
    地域のゴミ拾い活動を募集(2019年10月中まで)

    美しく豊かな海を未来につなぐ活動を進める「海と日本プロジェクトinしまね」では「地域のごみ拾い活動」…

  2. 桜と海01_0026
    海辺の桜並木 松江市のチェリーロ―ド見頃

    松江市島根町のチェリーロードの桜が見頃を迎えていて、海辺の桜並木を見ようと、多くの花見客が訪れていま…

  3. 日御碕01
    出雲市・日御碕海岸で清掃活動 4/21(日) 参加者募集…

    出雲市大社町の日御碕海岸で、4月21日(日)に海岸の清掃活動が行われます。ただいま参加者を募集してい…

  4. 海ごみゼロ
    海洋ごみ対策の取り組みを募集「海ごみゼロアワード2019…

    近年、海洋ごみ等による海洋環境の汚染や人々の生活・健康への影響等が深刻化し、国内そして世界中での対策…

  5. タイトルIMG
    海洋ごみ削減へ 日本財団と環境省がタッグ! 島根でも活動…

    海洋環境保護の取り組みを進める日本財団などが、国内で最大規模となる海洋ごみ削減プロジェクトを始めるこ…

 
PAGE TOP