レポート

隠岐 西ノ島町のシャーラ船送り

船越02注釈

島根県の離島、隠岐郡西ノ島町のシャーラ船送りは、100年以上続く伝統的なお盆の行事です。今年はあいにくの雨に見舞われましたが、岸壁ではたくさんの人たちが、先祖の霊を見送りました。

雨に見舞われる中 先祖の霊を見送り

  1. 雨で色紙が濡れ落ちた

西ノ島町では、お盆最終日16日の朝に、シャーラ船に乗った先祖の精霊が浄土へと旅立って行くと言われています。シャーラ船とは精霊流しの船で、精霊船がなまってシャーラ船となったと言われています。

西ノ島町の各地区では、8月上旬からたくさんの人が携わって船が作られます。骨組みは竹や木、船体にはワラが使われ、帆には色紙で作られた無数の盆旗が結び付けられています。

 

 

  1. 浦郷のシャーラ船(去年)
  2. 岸壁では大勢が見送る(去年)

当日の朝「チリン、チリン」と音が鳴り御詠歌が流れ、地元の人や帰省客たちが見送る中、お盆に迎えた先祖の精霊を乗せたシャーラ船は曳航されます。地区の人たちは漁船などで伴走し、2~3km沖合に導かれて海に流されていきます。

西ノ島町観光定住課の福間さんは「雨のシャーラ船送りは珍しく、帆が濡れてしまって大変でしたが、心のこもった盆の伝統行事として、無事に見送ることができました。雨の中のシャーラ船送りは、私にとって初めてでしたが、帆が濡れて外れる中でも見送ることができ、ホッとしました」と伝えてくれました。

 

  1. 船越のシャーラ船(去年)

この行事は現在、西ノ島町の夏の風物詩となっており、毎年たくさんの見物客で賑わいます。

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. 海岸ゴミ松江市02

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP