レポート

松江市も連携 海洋ごみ対策「CHANGE FOR THE BLUE」始動!

海岸ゴミ松江市02

海洋ごみ対策に取り組む新プロジェクトが、11月27日に東京の日本財団で発表されました。
世界的な問題となっている海洋ごみ対策として、産官学民が連携した国民的な取り組みをめざすプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の立ち上げを発表したものです。

松江市は日本財団と共同で、海洋ごみの削減プロジェクトを展開することになりました。
世界で海洋汚染が深刻化する中、山陰の海岸にも国内外の海洋ゴミが漂着しています。
削減プロジェクトは、海と日本プロジェクトの一環として、松江市と日本財団が連携して取り組むもので、プラスティックの海洋ごみ対策に重点が置かれます。
プロジェクトでは、ごみの発生源の調査や削減に向けたガイドラインの策定、大規模な清掃活動などが実施される計画です。

  1. 日本財団での記者発表
  2. 松江市の海岸 2018年1月

    

日本財団の記者発表  https://uminohi.jp/eventreport/umigomi_movement181127/

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. kIMG_0428bB

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP