レポート

夏の風物詩いさり火を眺めるロマンチックなカフェ

いさり火

今年“恋する灯台”に認定された松江市美保関町の美保関灯台は、島根半島の東端にある灯台です。明治の面影が残る白い石造りで、中国地方最高峰の大山などを望む眺めも素晴らしく、隣接するカフェではランチなどを楽しむことができます。

“恋する灯台”美保関灯台の週末イベント

カフェは7月から8月末まで週末の夜に特別営業していて、日本海の夏の風物詩「いさり火」を眺めることのできる「いさり火カフェ」としてオープンしています。いさり火はまるで宝石を散りばめたような光景で、多いときには100隻以上のイカ釣り船が光を放つといいます。去年はイカの不漁により、いさり火が遠かったといいますが、今年は近くに見え、ロマンチックな夜が楽しめるということです。

  1. 亀の手を使ったカメティーニ

夜の営業では、ドライマティーニに「亀の手」を入れたユニークなカクテル「カメティーニ」もおススメです。亀の手入りジントニック「カメトニック」もインスタ映え間違いなしです!

今年の「いさり火カフェ」の営業は24日()・26日()・31日()と残りわずか。去り行く夏の夜を美保関灯台で楽しみませんか。

美保関灯台ビュッフェは40席。予約がおススメです。TEL0852-73-0211

詳しくは

http://www.mihonoseki-kankou.jp/event/event_isaribi_cafe/

 

 

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. 海岸ゴミ松江市02

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP