レポート

入場券はゴミ!?浜辺でユニークなコンサート

コンサート

美しい鳴り砂の浜を次世代に引き継ぐ取り組み

  1. 日本有数の鳴り砂 琴ケ浜を清掃
  2. 入場券持ってきたよー!
  3. 当日は幻想的な夕暮れ

歩くと”キュッキュッ”と琴のように砂浜が鳴る「鳴り砂」で知られる島根県大田市の琴ケ浜で、このほどユニークな仕組みのコンサートが開かれました。
コンサートの入場券は、なんと海岸で拾ったゴミなのです!環境美化の協力と砂浜の保全に興味を持ってもらいたいと、地元の若者を中心とした有志が去年に続き企画。会場となった琴ケ浜には地元の飲食店による屋台も出店して、約300人が訪れました。コンサートは午後5時に開始。夕日を背にした浜辺のステージで、地元で活動するバンドや太鼓のグループが演奏を披露し、大勢の家族連れなどが演奏を楽しみました。琴ケ浜を雄大な自然のステージとして楽しむことで、地区内外の人に愛着を深めてもらい、次世代に受け継ぎます。琴ケ浜の砂は石英を多く含み、こすれ合うことで音が出ます。砂浜が汚れて不純物が混ざると、琴ケ浜の砂は鳴らなくなるといいます。
実行委員会では今後もイベントを継続し、美しい砂浜を守っていきたいと話しています。清掃とコンサートを組み合わせることで参加しやすく、海辺の様々な楽しみ方を教えてくれる機会となったようです。

(写真提供/琴ケ浜サンセットライブ実行委員会)

  • +1
  • 「入場券はゴミ!?浜辺でユニークなコンサート」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/article/?p=176" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 剣櫂01IMG_1122
  2. 清掃活動IMG_0048
  3. 衣毘須神社IMG_4380
  4. 経島&ウミネコIMG_0078
  5. UTSUMI集合IMG_3104
  6. kunigakaigan13B

Pickup

  1. 稲佐の浜小
    神々の海を未来へ ~ごみ拾いをしながら神話を学ぼう~ 6…

    出雲大社周辺で神話にまつわるガイドを受けながらのごみ拾いウォークを開催神話の舞台 稲佐の浜の砂を、オ…

  2. Still0523_00004
    5/26(日)放送 海と日本プロジェクトinしまね「ピー…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  3. 松江城1138
    松江城・街美化ウォーク6/8(土) 参加者募集

    松江市の松江城周辺で、6月8日(土)に街をウォーキングしながらの清掃活動が行われます。 ただいまJR…

  4. 剣櫂01IMG_1122
    絢爛豪華な水上絵巻ホーランエンヤ開幕 松江市

    江戸時代から370年続く伝統の船神事ホーランエンヤが、松江市で18日に開幕。この日は松江城内にある城…

  5. 船
    日本三大船神事ホーランエンヤ渡御祭5/18 WEBで配信…

    “水の都”松江を彩る「ホーランエンヤ」渡御祭の模様が、WEBでライブ配信されます。ホーランエンヤは、…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
 
海と日本PROJECT in しまね
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP