レポート

中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

タイトル

島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開かれました。
新商品のレトルトカレーは、地元で赤貝と呼ばれる中海産サルボウガイがメイン具材として使われています。和風の味付けが一般的な赤貝ですが、今回はカレーとのコラボレーションです!

  1. 赤貝カリーのお披露目会
  2. 赤貝の存在感がしっかり
  3. カレーうどんもおススメ

かつて中海で多くの漁獲量があった赤貝の復活と特産品化をめざして、養殖に取り組む中海漁業協同組合や地元のカレー店などが協力して商品開発を進めてきました。カレーには和風だしを加え、中海に隣接する境港市産の白ネギなどの具材も入っています。
試食した松江市の松浦市長は「赤貝の味や弾力がちゃんと残っていていいですね」と絶賛!
中海漁協の外谷久人組合長は「一年中、中海の味をいろいろな地域の人に食べてもらいたい」と販路拡大に期待を寄せました。

赤貝の加工品は、これまでにも赤貝めしの素などが開発・販売されていて、今回の新商品は第3弾。赤貝カリーは1箱700円で、1月19日から松江市の道の駅本庄などで販売されます。
また1月19日20日には広島市で開かれる「島根ふるさとフェア」でも販売されます。

 

  • 「中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/article/?p=1240" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 190715-0067
  2. 写真 2019-07-15 10 03 34
  3. フォトセッション
  4. 集合写真 (1)
  5. Tlp00378861302
  6. 宍道湖集合14PW99lA_jpeg02

Pickup

  1. 190715-0067
    〝しまね海ごみゼロの日〟制定記念マッチ 破れても・・・ …

    JFL 第15節  ブルーブリッジしまねプロジェクト「しまね海ごみゼロの日」制定記念マッチ残念ながら…

  2. 写真 2019-07-15 10 03 34
    〝しまね海ごみゼロの日〟制定記念マッチ まもなくキックオ…

    JFL 第15節  ブルーブリッジしまねプロジェクト「しまね海ごみゼロの日」制定記念マッチ 松江シテ…

  3. フォトセッション
    「しまね海ごみゼロの日」制定 記者会見

    海と日本プロジェクトの一環として、海ごみ対策をすすめる「ブルーブリッジしまねプロジェクト」は、今年の…

  4. #01
    7/14(日)放送 海と日本プロジェクトinしまね「北前…

    今回ご紹介するのは、浜田市の松原小学校5年生が取り組んだ、北前船のフィールドワーク。浜田市外ノ浦町は…

  5. 高津川募集イメージ
    参加者募集!海とつながる”ふるさとの清流”高津川をたどる…

    高津川流域で、川と海の環境が密接にかかわっていることを学ぶ環境学習「しまねオーシャンズ11川」7月2…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
海と日本PROJECT in しまね
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP