レポート

中海の冬の味覚 赤貝

赤貝03

山陰の冬の味覚、地元で赤貝と呼ばれる中海産サルボウガイの出荷が最盛期を迎え、地元の道の駅などで販売されています。冬の風物詩として食卓にのぼってきた赤貝は、おせち料理の食材としても親しまれ、甘辛い煮つけは酒の肴にぴったりです。

  1. おせち料理にも人気の煮つけ
  2. 道の駅本庄
  3. 地元赤貝を応援 本庄の安部店長

昭和30年代の最盛期には1000トン以上の漁獲量を誇った中海の赤貝は、干拓事業や汚水による環境悪化で絶滅寸前に追い込まれましたが、中海漁業協同組合などが復活を目指して養殖に取り組み、徐々に漁獲量が増えています。
中海漁協によると、今年は夏の日照りでエサとなる植物プランクトンを含んだ川の水の流入が少なかったことなどから、漁獲量は去年の半分程度の3~4トンを見込みますが、味や食感は上々ということです。

今季の販売初日となった12月15日、道の駅本庄(松江市)では、地元産の赤貝を目当てに販売開始2時間前から行列ができ、用意された100kgは約10分で完売したという人気ぶり。価格は500g750円~1100円と県外産の2~3倍ですが、吊るしたカゴに入れて養殖することから泥噛みが少なく、調理しやすく味が良いと、リピーターも多いといいます。
道の駅本庄では、赤貝の料理経験がない人でも気軽に購入できるよう、煮付けやみそ汁など調理法を書いたチラシを置いたり、オリジナル商品の赤貝めしの素を売り出すなどして地元産を後押しします。

販売は本庄のほか、道の駅あらエッサ(安来市)、大根島産直市(松江市八束町)、松江市のスーパーマーケットチェーン・ラパン。中海漁協では12月末までの出荷を予定しています。

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 海岸ゴミ松江市02
  6. kIMG_0428bB

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP