レポート

ラムサール条約に登録される中海・宍道湖の一斉清掃

タイトル01

7000人の輪で水辺の環境保全

ラムサール条約に登録されている中海と宍道湖で6月10日に、沿岸の一斉清掃が行われました。松江市や出雲市など5市では、約7000人の参加者が中海と宍道湖の周辺を取り囲むように清掃に取り組み、約12トンのゴミが回収されました。

この清掃活動は2005年に中海と宍道湖がラムサール条約に登録されたのをきっかけに、島根・鳥取両県の住民に水辺の環境保全の意識を高めてもらおうと、毎年この時期に実施されています。このうち松江市では約3000人の参加者が、6つの地域に分かれて清掃活動に取り組みました。

「海と日本プロジェクト」を応援するTSK山陰中央テレビも、宍道湖岸で社員やその家族がゴミを拾い、ペットボトルなどのほかにも枯れた植物や水草など、放置すると水辺の環境を悪化させるゴミもたくさん回収されました。

関連リンク

  1. プレート全種
  2. 桑原さん01
  3. タイトル
  4. 大笑い
  5. 矢野さん01
  6. 授業00007

Pickup

  1. プレート全種
    美保関灯台にハート形プレート「恋する青の道標」登場!

    去年「恋する灯台」に認定された松江市美保関町の美保関灯台に、かわいいハート形のアクリルプレート「恋す…

  2. 桑原さん01
    冬ならでは!宍道湖の逸品 寒ブナ

    今まさに旬を迎えている宍道湖の寒ブナを紹介します。汽水域である宍道湖の寒ブナは泥臭みがないといわれ、…

  3. #30豊かな海を2
  4. AppleMark
    松葉ガニを気軽に味わう「かに小屋」オープン

    冬恒例、松葉ガニなどを自分で焼いて味わう「かに小屋」が1月18日、松江市東朝日町にオープンしました。…

  5. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

PAGE TOP