レポート

きれいな海水浴場は どのように保たれている?

海B

海水浴場シーズン真っただ中、ゴミのないきれいな砂浜は、レジャー気分を盛り上げます。しかし大勢のレジャー客が訪れる海水浴シーズンに、きれいな砂浜はどうやって保たれているのでしょう?

ゴミのない砂浜のために 北浦海水浴場(松江市美保関町)

松江市美保関町の北浦海水浴場は、県外からも大勢が訪れる人気の海水浴場です。ここでは海水浴シーズンの1か月間、地区の人たちによる海岸清掃が、週2回行われています。活動は地区の人が仕事に出かける前、朝6時から集まります。約1時間かけて、レジャー客が残したゴミや海岸に流れ着いたゴミなどを拾います。

  1. 明け方の海岸清掃

子どもたちが安心して砂浜を歩けるように、レジャー客に気持ちよく過ごしてもらうために。この清掃は、シーズンが終わりに近づくお盆まで続けられます。

このような地道な活動で、美しい海水浴場が保たれています。海水浴シーズンも後半戦、私たちも「自分のゴミは必ず持ち帰る」ことを実践し、海を思いっきり楽しみましょう!

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. 海岸ゴミ松江市02

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP