イベント

7/16 給スイカステーション開催 北浦海水浴場(松江市)

kyusuika_logo2-1

スイカを食べながら熱中症対策を学ぼう!

夏真っ盛り!海遊びが楽しい季節になってきましたが、海を安心・安全に過ごすための備えは万全ですか?「給スイカステーション」は、海と日本プロジェクト海のそなえソーシャルアクションプロジェクトの一環として『海辺での熱中症対策を呼び掛ける』活動です。

気象庁の発表によると、日最高気温が35°C以上(猛暑日)の日数は1931年~2016年で増加しており、それに伴い熱中症の救急搬送者も、この数年大きく増加しているといわれます。

特に海では、体が濡れているため脱水症状に気づきにくいといいます。そこで注目したのが夏の風物詩であるスイカ。90%以上が水分でミネラル豊富なスイカは、“食べるスポーツドリンク”とも呼ばれているんですよ!

そこで海辺での熱中症対策にピッタリなスイカが味わえる「給スイカステーション」を設置します。当日は海上綱引き選手権大会も開催される北浦海水浴場(松江市)に、熱中症対策を美味しく学びにお立ち寄りください!

イベント名給スイカ ステーション
日程7月16日(祝)午前10時~ スイカが無くなり次第終了
場所北浦海水浴場(松江市美保関町)
主催海のそなえソーシャルアクションプロジェクト実行委員会 ・ 海と日本プロジェクトinしまね実行委員会

関連リンク

  1. イメージ
  2. アクアス夏のチラシ小
  3. トップイメージ
  4. タイトル用A2 pos小
  5. 海と日本プロジェクトinしまね_A4チラシ_オ
  6. 海と日本プロジェクトinしまね PR法被

レポート

  1. 写真 2018-07-22 14 27 07
    隠岐の海を”体”で”…
  2. IMG_0952
PAGE TOP