2023年のアーカイブ

  1. 広域

    海洋ごみ予報12月「季節風&対馬海峡からの流れ込みで非常に多い!」

    海と日本プロジェクトinしまねは、海洋ごみ予報の国内最先端研究チームと連携し、海洋ごみ予報を確立、発…

  2. タイトル サブYouTube

    YouTube「2023年の活動を振り返る!」

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちをYouTubeで発信。今回…

  3. タイトル サブ

    12/24(日)放送「2023年の活動を振り返る!」

    海と日本プロジェクトの取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日本プロジェ…

  4. タイトルYouTube

    YouTube「微小貝の砂浜で海洋環境を考える!海の楽校」

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちをYouTubeで発信。松江…

  5. さばける塾2023-04Bタイトル

    海のキッズサポーター「まなみ」

    日本各地から、海に興味や関心がある子どもたちが参加している「海のキッズサポーター」は、海と日本プロジ…

  6. 23下_eco旅_松江玉造00-08

    「JRで行く環境にやさしい旅 Carbon-Zero 島根県―松江・玉造温泉」を発売

    個人型旅行商品として日本初のJブルークレジットⓇ付商品 鉄道の旅でカーボンオフセット+海洋生態系を保…

  7. タイトル

    12/17(日)放送「微小貝の砂浜で海洋環境を考える!海の楽校」

    海と日本プロジェクトの取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日本プロジェ…

  8. タイトルYouTube

    YouTube「ちょいスマ拾い箱 いずも産業未来博で発表!」

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちをYouTubeで発信。「神…

  9. タイトル

    12/10(日)放送「ちょいスマ拾い箱 いずも産業未来博で発表!」

    海と日本プロジェクトの取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを紹介するテレビ番組「海と日本プロジェ…

  10. トップ写真

    松江市と高校生がタッグを組んで素晴らしい自然を守るため「秘境の海洋ごみ調査隊!」を開催

    近年、ごみ拾い活動が各地の海岸で盛んに行われています。しかし、人口が少ない地域の海岸や、陸からのアク…

Pickup

  1. part_2024_04_02_dens
    海洋ごみ予報2024年4月「渦を巻く海洋ごみが山陰にも流…

    海と日本プロジェクトinしまねは、海洋ごみ予報の国内最先端研究チームと連携し、海洋ごみ予報を確立、発…

  2. タイトルなし
    島根県江津市 海ノ民話アニメ「きゅうりの神さまと山辺神社…

    一般社団法人日本昔ばなし協会と日本財団が取り組む「海ノ民話のまちプロジェクト」事業の一環で、この度地…

  3. 東高龍之介(全体)
    海ごみアート”東高 龍之介”をTSKに設置 海洋ごみ啓発…

    海と日本プロジェクトinしまねは、2023年度に松江市環境エネルギー部と島根県立松江東高校と連携し、…

  4. part_2024_03_29_dens
    お知らせ 海洋ごみ予報2024年3月「日本海で海ごみが滞…

    海と日本プロジェクトinしまねは、海洋ごみ予報の国内最先端研究チームと連携し、海洋ごみ予報を確立、発…

  5. #40マリンチャレンジプロジェクトYouTube
    YouTube「若き研究者を応援!マリンチャレンジプログ…

    海と日本プロジェクトの取り組みや島根県内の海の課題、また海を愛する人たちをYouTubeで発信。今回…

海と日本PROJECT in しまね
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://shimane.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://shimane.uminohi.jp">海と日本PROJECT in しまね</a></iframe><script src="https://shimane.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP