レポート

8年以上続くサーファーたちの清掃活動

メンバー01

海で楽しみ環境も守る!

  1. 細かいゴミも拾っていく
  2. 砂浜にタイヤ!不法投棄か
  3. サーフィン歴36年の上野さん

松江市内のサーファーを中心とするグループ松江サーフィンクラブによる海岸清掃が、このほど松江市の古浦海水浴場で行われました。

この活動は8年以上前から月1回のペースで続けられていて、地域の清掃活動が少ない秋から春に、市内のサーフポイントになっている古浦・大芦・千酌の海岸を清掃しています。この日は10人ほどが参加して30分の清掃が行われました。ときには家族も一緒になって20~30人が参加することもあるといいます。

この日拾ったゴミは、ロープなどの漁具やタイヤ、プラスティックのかけらなど。清掃中よく見つけるのは外国ゴミや漁具、ペットボトルのフタなど。注射器や石油製品の表示があるタンクを見つけることもあるといいます。

サーフィン歴36年のメンバー上野さんは「16歳からお世話になっている海に感謝を込めて清掃している」と話してくれました。また他のメンバーは「野球やサッカーなどスポーツの後にはグラウンドを整備するが、サーフィンだって同じこと、自分の使ったフィールドは整えて帰るのが当たり前だよ」と話してくれました。

これからの季節は、花火のゴミがたくさん落ちているといいます。海岸で楽しんだら、きれいにして帰る。自分たちが出したゴミを持ち帰れば、海岸のゴミはもっと減らせるはずです。

美しい海を楽しみながら守っていく。次の世代にも美しい砂浜を残していくために、サーファーたちの活動は続きます。

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. 海岸ゴミ松江市02

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP