レポート

小学生が宍道湖でシジミ漁を体験!

集合

宍道湖特産のシジミや水辺の環境に感心を持ってもらおうと、10月14日に小学生を対象としたシジミ漁体験が行われ、松江市などから11人が参加しました。

この体験は、豊かな海を未来に残す取り組みを進める「海と日本プロジェクト」の一環で、海や水辺の環境、水産物への理解を深めてもらうことを目的とする体験イベント「海のお仕事図鑑」の活動です。

まずは宍道湖でシジミ漁をしている漁師さんなどから、シジミの資源保護のために、漁の時間や方法に制限を設けていることや、休漁の日には水草の除去を行っていることを教わりました。

  1. ジョレンの長さは8m
  2. みんなで力を合わせて
  3. 引き上げたカゴにはシジミが!

この日、朝方まで降っていた雨は止み、風もなく体験には最高のコンディションに恵まれました。2隻の漁船に乗って宍道湖の漁場に到着した子供たちは、漁師さんの指導を受けながら漁に挑戦!約8mの棒の先にカゴを付けた「ジョレン」という道具を使って湖底のシジミを採りますが、ジョレンの重さはなんと18kg。みんなで力を合わせ、40分ほどかけて約12kgのシジミを採りました。

また船の上では「通し」という大きさを選別する道具を使って1㎝以下のシジミをふるいにかけ、湖に返す作業も体験しました。

  1. 採れたシジミ約12kg
  2. 選別作業を体験
  3. シジミを落として音を聞く

シジミの選別作業にも挑戦。シジミをひとつひとつ地面に落として、その音から良いシジミと悪いシジミを選別。みんなで協力して最後までやり遂げました。

体験後の感想発表では、「シジミは網で採ると思っていたので驚いた」「作業の大変さがわかった。体験を通して、海や川など自然を大切にしようという気持ちが大きくなった」などの感想が聞かれました。

  1. 感想を発表
  2. 漁師さん秘伝のシジミ汁を試食

子どもたちを指導した漁師の野津修平さんは「安全の問題などから、子供たちだけで水辺に近づくことが、ほとんどなくなっている。今回の体験を通して季節を肌で感じたり、水辺に生きる生き物について考えてもらえると嬉しい。」と話してくれました。

全国では44地域の小学生が、海や水産業に関わる様々な仕事を体験しています。子どもたちの体験レポートは今後、海と日本プロジェクトのHPで「海のお仕事図鑑」として発表されます。

関連リンク

  1. タイトル
  2. 大笑い
  3. 矢野さん01
  4. 授業00007
  5. 赤貝03
  6. 海岸ゴミ松江市02

Pickup

  1. タイトル
    中海産の赤貝 カレーとコラボの新商品

    島根、鳥取の両県にまがる中海で養殖された赤貝がカレーとコラボした新商品が完成し、このほど試食会が開か…

  2. #028ハマガニ2
  3. 空撮色ED
    〝海プロ〟応援動画 続々公開「美保関灯台が”恋する灯台”…

    海と日本プロジェクトinしまねでは、島根県内の海洋保護の取り組みや海の課題、また海を愛する人たちを動…

  4. 大笑い
    黒顔で御利益願う 伝統の墨付けとんど

    正月の松飾りやしめ縄などを焼く、とんど焼きの季節です。日本海に面した松江市美保関町片江地区では、見物…

  5. 矢野さん01
    宍道湖の冬の味覚「寒シジミ」

    島根県の汽水湖、宍道湖を代表する水産物ヤマトシジミが美味しい時期を迎えています。寒い時期が旬の「寒シ…

PAGE TOP