レポート

顔が黒くなるほど御利益あり「墨つけとんど」

墨付け①

にぎやかな新年の神事

  1. 海辺に立てられた神木
  2. 墨付け役の女性も真っ黒
  3. みこしが地区を練り歩く

正月も終わり、しめ飾りや書初めを焼く「とんど」の季節です。島根県の海岸部には、昔ながらの特色ある
とんどが伝えられています。
1月7日にあった松江市美保関町片江地区の「墨つけとんど」は、顔に墨を塗って一年間の無病息災を願う
ユニークなものです。
この日、海辺には大漁旗やカラーテープで飾られた約20mの神木(とんど)が立てられ、みこし行列が「チョーサダ、チョーサダ」と気勢を上げて練り歩きました。一番の呼びものは地区の女性がお神酒で溶いた墨を、だれかれなしに付けて回る「墨付け」です。みこし行列の人、住民、見物客、みんな顔を黒く塗られ、
普段は静かな海辺の町が笑い声に包まれました。墨を付けられると1年間は風邪をひかず、海難にも遭わないと言われ、墨は多く付くほど御利益があるとされます。
使われる墨は、以前は風呂やかまどのすすを集めたものでしたが、近年は木炭の粉や墨汁に代わっていると
いうことです。行事は後日行われるとんど焼きでしめくくられます。
この地区で約250年も続くとんどですが、近年は人口減少のため担い手が不足していいて、行事のために里帰りした住民などによって支えられています。松江市の中心部から里帰りした女性は、これからも伝統を守ってほしいと話していました。

関連リンク

  1. 集合写真01
  2. インタ隠岐の島町長01
  3. インタ浜田市長01
  4. インタ大田市長01
  5. #029地域のトップも応援.002
  6. インタ松江市長01

Pickup

  1. 集合写真01
    観光シーズン前に波子海水浴場で清掃活動

    市民約50人が参加し季節外れの強風の中で海岸清掃が行われました。…

  2. 会議02
    2018年度 本格始動!海と日本プロジェクトinしまね

    「海と日本プロジェクトinしまね」は、島根県内各地の海に密着したイベントや情報発信をしながら、美しい…

  3. 海と日本プロジェクトinしまね PR法被
    東京で〝しまねの海〟を発信!

    東京都内で海と日本プロジェクトで進めてきた島根県内での海洋保護の取り組みをPRするイベントを開催しま…

  4. 海岸のゴミ①
    海岸のゴミについて考えよう

  5. 魚を食べよう
    魚をもっと味わおう!

PAGE TOP