地魚を味わうBB大鍋フェスティバル

海と日本プロジェクトinしまね

浜田自慢の海の恵みに舌鼓!

島根県を代表する漁業のまち浜田市で、この程毎年恒例の食の祭典「BB大鍋フェスティバル」が開かれました。BB(びいびい)とは子供が使う浜田地方の方言で魚のことを指しています。BB大鍋フェスティバルは、日本海でとれた魚と野菜を煮込んだ鍋料理を味わうイベントです。湯気の立ち上る直径2mの大鍋で、地元でとれた魚のつみれや野菜をアゴ出汁のスープで煮込んで、5千食が振る舞われました。これを楽しみに毎年市内外から大勢の人が訪れます。ほかにも海産物を使った料理を販売する「Sea-1グルメフェスティバル」があり、8店舗が出店。地元の浜田水産高校の店舗では、揚げたカレイを米粉パンで挟んだ料理を提供しました。会場には約1万5千人が訪れ、旬の食材を使った料理に舌鼓を打ちました。島根を代表する浜田漁港では、テニスの錦織圭選手が好物と発表した高級魚ノドグロをはじめアジ、カレイなどが多くの海産物が水揚げされています。

ページ上部へ戻る